今週の CTO 技術アンテナ(2018年5月29日)

Google Kubernetes Engine 1.10

https://cloudplatform.googleblog.com/2018/05/Google-Kubernetes-Engine-1-10-is-generally-available-and-ready-for-the-enterprise.html

GKE 1.10のリリース。
VPCを異なるアカウントで共有することが可能に。
ぜひAWSでも同様の機能を期待したい。

Slack Actions

https://medium.com/slack-developer-blog/introducing-actions-a-simple-shortcut-attached-to-every-slack-message-e2404414ece
開発者のプラットフォームとして無くてはならない存在と化してきているSlackが新機能をリリース。
Slackから外部アプリケーションに対してメッセージングや書き込みを可能にする。

ByteArray.js

https://github.com/Zaseth/ByteArray.js
NodeJS。文字列を以下のようにシリアライズ、デシリアライズを行える。

 

Tor 0.3.3.6 is released: a new stable series!

https://blog.torproject.org/tor-0336-released-new-stable-series
元々軍事用に開発されたTorが0.3.3シリーズの安定版をリリース。
個人的には6年前に使ってみて以来。
プロキシのリレーにおいて合理的な出口ノードを使用できるとあるが、6年前に比べてある程度高速化したのだろうか。

Wired-Elements

https://wiredjs.com/
UIフレームワーク。
ラフっぽい線タッチのUIコンポーネントを実装できる。
上記サイトのようなフォントとは相性がとても良い印象。

Docker ランタイム containerd が v1.1に

https://kubernetes.io/blog/2018/05/24/kubernetes-containerd-integration-goes-ga/
これにより kubernetes と docker は API 経由ではなくにネイティブ対応可能になったとのこと。
そのため軽量で高速化し、よりエコなりソース消費になったらしい。

ConsentJS

https://consentjs.com/
ユーザーの GDPR 対応を吸収してくれるJSライブラリ。

Python – Modifying events with the Google Calendar API

http://opensourceprojects.org/python-modifying-events-with-the-google-calendar-api/
Google Calender への予定追加チュートリアル。

Iterators vs. Cursors: A Case Study in Objects vs. Values

http://cr.openjdk.java.net/~jrose/values/iterator-vs-cursor.html
イテレータとカーソルの違いが書かれている。

PatternFly

https://www.patternfly.org/
RedHat 製のUIフレームワーク。
PCダッシュボードレイアウトや簡易チャート表示など、なかなかイケてる印象。

 

 

 

なにかと忙しい週は、コメントや検証のやっつけ感が否めない。